窓を考える

紫外線も防ぐことができる

窓には空間づくりには欠かせないものとも言われているのですが、その窓が悪影響を与えることもあります。最近問題となっている紫外線があります。皮膚がんだけでなく紫外線はしみやしわの原因となるのです。また目の老化にもつながるので注意しないといけません。紫外線は窓ガラスを通り抜けてしまうのです。ですから家の中にいても紫外線対策をしなくてはなりません。また熱効率も悪くなります。夏の熱い外気をいれることになりますし、冬は中の温かい空気を逃がすことになってしまいます。その対策には窓ガラスのコーティングがおすすめです。

内窓や二重ガラスにするより安い

断熱のことを考えると二重ガラスや内窓にする人が増えています。窓ガラスを二重にすることで室内の温度を保つことができます。また内窓も同様です。そうすることで夏の太陽光の強い日差しが原因で部屋の温度が高くなることを防ぐことができます。冬は室内の暖房の熱を外に逃がすことが少なくなるので省エネにとても役立ちます。しかしそうするには工事や窓ガラスを交換しないといけません。そんなことをするよりもっと手軽に安くできる方法が窓ガラスのコーティングです。今ある窓ガラスに特殊なコーティングをすることによって紫外線対策をすると同時に断熱効果もあります。窓ガラスのコーティングは企業により差があるので信頼できるところを選ぶことが大事です。