方法と性能

窓ガラスコーティングの施工方法

防犯や省エネのためにガラスコーティングをすることが増えています。自分で出来る自信のある方はチャレンジしてみるのもいいかも知れませんが、自分で施工するのは面倒と言う方や、手順も準備もわからない、うまく仕上げる事が出来るか不安と言う方は施工業者への依頼するのが良いでしょう。自分で施工する際は、施工方法や下準備などインターネットや説明書を熟読してから行いましょう。せっかくの窓ガラスコーティングをするのですから、効果を最大限発揮できるようにしたいものです。

気になる機能と性能はどうなのか

窓ガラスコーティングの施工料金は、他の窓ガラスの省エネ商品と比べ比較的安価で施工出来るのですが、その性能と機能性は他の商品に引けを取らないばかりか、他の商品より優れている部分も多いのです。外気の影響を受ける、実に70%が窓ガラスからと言われており、窓ガラスの断熱対策をする事は、大きな省エネ効果を生みます。機能面として赤外線を防ぐため室温上昇を防ぎ、紫外線を防ぐ事で人や家財を日焼けから守ります。その他断熱フィルムの難点だった継ぎ目の問題や、景色の歪み、凹凸のある窓ガラスには施工できないなどの問題も窓ガラスコーティングなら一切ありません。耐久性も5年から7年程度と比較的長く、硬化した後の表面硬度も硬く傷なども付きにくくなっています。